津軽三味線会館はお盆も休まず営業しています!(^^)!

本日の演奏者は 津軽三味線 裕香理会 葛西龍二さんと長谷川裕香理さんです♪
DSC_1249
龍二さんの どっしり構えた落ち着いた奏法と、裕香理さんのリズムカルな奏法とが調和してホール内に心地よい音色が響き渡ります(^^♪


回毎に演奏曲を変えていましたが、特に印象に残ったのは『ブルースじょんがら』でした(´艸`*)お客様から手拍子もあったりと、演奏者とお客様が一体となったステージでした♪♪

DSC_1241

こっそり横からも撮影(´艸`*)
角度もピッタリ☆カッコイイ☆彡

話は変わりまして
会館での演奏者は時々 出前を取ります。
最近、演奏者やスタッフがハマっているのは、地元の喫茶店「珈琲館」の《冷やし中華》です!!
たれ?しる?が これまた美味しい♡クセになっちゃいます♡

DSC_1244
(注:写真用に具の位置等を変えています)
冬になったら、みんなで今度は「鍋焼きうどん」食べようね→まだまだ食べたくならないょね(笑)

お店の珈琲館は、金木総合支所の向かい側にあります。
機会がございましたらお立ち寄りくださいませ~(^_-)-☆

そしたらまた明日~へばまだな~(@^^)/~~~

 寺町通り お墓参りの人々で
静かな通りが賑やかです
会館前の駐車場は観光と、お墓参りの方々の車でいっぱいに
お盆期間中 恒例のアイス販売
今日も気温がどんどん上がっています
アイスの看板をみるとお盆を感じる私です
P1440230

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net




バチという呼び名は同じですが形が全く違います

太鼓をたたくバチは棒状で、ほとんどが木でできています


IMG_1757

三味線を弾くバチはイチョウの葉の形に似ています




IMG_1756

こちらは象牙とべっ甲でできています

とても美しいべっ甲模様ですが、同じものはありません

世界に一つだけの自分だけのバチということになりますね

撥(ばち)という漢字ですが、とても難しいし普段使いませんね

大きくすると・・こんな感じ(漢字)です

はねかえる。はねかえす。はじく。などの意味があるようです

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

↑このページのトップヘ