こんにちは(^^♪
あちこちで芝桜やライラックが、色鮮やかに咲いてます🌼
ライラックはふんわりと甘い、いい香りがしますよ(*^-^*)
花言葉は、「思い出」や、花びらがハート形に見え、甘い
香りがする事から、「初恋の香り」ともいわれるそうです🌺
IMG_7788
今日5/12は、母の日🌷
今年は何をプレゼントしようかなあ?
毎年悩むなあ~💦
という方も多いのではないでしょうか?
お花に限らずとも、ですが、日頃の感謝が、
うまく伝わるといいですね(*‘∀‘)

本日の演奏者は、
津軽三味線・まんじ流、家元・工藤まんじさん、
まんじ由佳子さんです♬
DSC01238m

津軽三味線の大会などで演奏する、津軽じょんから節や、
津軽の盆唄から、十三の砂山、津軽甚句、黒石よされ
などを、また、まんじ会さんのオリジナルアレンジ曲
「津軽のかおり」などを、演奏していただきました♬
DSC01236m

まんじ流の皆さんは、GW中にも、青森市の津軽三味線
日本一の大会などで、演奏をされていました♬
みなさん、お疲れ様でした!

イベントやお祭りでは、津軽民謡と津軽三味線、
のステージが、昔から開催されていますので、
みなさんも、民謡や、津軽三味線の生演奏を
聴く機会があれば、ぜひ聴いて応援、よろしく
お願いいたします(^_-)-☆

へばな~!


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

今日はかなりあたたかいですが、この頃気温の上下が激しくて老体にこたえます。
でも、やはり春ですねえ。三味線会館の周りでもキレイな花が一斉に咲いてくれました。

少し散歩をするといろいろな花が目につきます。
シャクナゲにドウダンツツジ。ツツジらしくない花ですが…
この花でツツジ科ですか。個人的には納得いかないけど、ツツジなんでしょうねえ。
シャクナゲとどうだんつつじ
白いチューリップに白いツツジ。
つつじとチューリップ
赤いツツジと紫のツツジ。
つつじ赤紫

かりん
カリンです。三味線にもカリンが使われますが、どうもあれとは科が違う、全くの別種のようです。
このカリンはバラ科のようです。床柱なんかに使われます。
三味線に使われるのはマメ科です。東南アジアやアフリカで高級木材として知られています。
マルメロもカリンですね。同じカリンと呼ばれていてもいろいろ種類があるんですね。


葛西恵子

今日の演奏者は小川会 葛西恵子さん。
いつものように華やかで、安定感のある演奏でした。
毎日演奏者が違いますから「年間パスポート」を買って聴き比べも楽しいですよ。




(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

こんにちは(^^♪
今日は、朝から、春らしいスッキリお天気です☀
IMG_7874m
ツツジなどが咲き始め、たとえ雨でも、たくさんの花が
咲いて、春はうれしいですね~🌺

本日の演奏者は、福士三絃会、家元・福士豊勝さん、
福士豊加さんです♬
DSC01214m
今日は、朝からツアーの団体様や、函館からの
修学旅行生のみなさんにもご来館いただき、
館内はにぎやかでした(^_-)-☆
DSC01226
生徒さんたちも、元気に挨拶してくれて、
生演奏でかましのところでは、たくさん
拍手をしていただきました♬

DSC01233
津軽の三大自慢は、岩木山とねぷたと、津軽のうだっこです♬
じょんから節は、自慢のものが歌詞にたくさん出てきますよ!

演奏は、いつも聴きごたえたっぷりの津軽の盆唄メドレーと、
津軽の五大民謡から、津軽よされ節やあいや節の独奏、
津軽じょんから節の、福士三絃会さんオリジナルアレンジ曲
などを披露していただき、たくさんの拍手をいただきました(^^)/

作家・太宰治の小説「津軽」には、金木町や五所川原市、
など、津軽半島の地名がたくさん出てきます。
実際に、太宰が歩いて、執筆され、昭和19年に発売
されました📚
IMG_7902m
この本を片手に、津軽を旅してくれる方もいますよ!
旅をするには、今が太宰もおススメしてくれている季節、
ぜひ、太宰が旅した津軽の足跡を、辿ってみて下さい(^_-)-☆

当館のみの入館券(¥600)と、太宰治記念館「斜陽館」
との共通券(¥1,000)もあります。両方を見たい方は
共通券がお得で、オススメです!

へばな~!

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

↑このページのトップヘ