こんにちは(^^♪

本日の演奏者は、福士三絃会、家元・福士豊勝さん、
福士豊加さんです♬
DSC01569m
夏の衣装に、衣替えです(^^)/
いつも暑い中、板柳町から金木まで、生演奏に
駆けつけていただき、ありがとうございます♬

津軽の盆唄メドレーは、たくさんの津軽地域の
盆唄が聴けます!一番人気の津軽甚句はもちろん、
十三の砂山、嘉瀬の奴踊りも聴けます!(^^)!

「せっかく、津軽さ来たんだハンデ、
三味線の生演奏聴いて行ぎへ~!」
DSC01575m
津軽じょんから節の福士会オリジナルの即興曲では、
お客様からも、たくさんの拍手をいただきました(^^♪
ぜひ、津軽の音色をたっぷりお楽しみください!!

五所川原市内の菊ヶ丘運動公園では、現在、
花菖蒲が満開です(*‘∀‘)
IMG_9174m
雨が少なくて、暑さで、お花がぐったりしてます💦
IMG_9158m
たくさんの種類があり、去年から品種の看板もお目見え
しました!本当にいろんな種類があって、色も花びら
などの特徴も、様々です(^^)/
IMG_9179m
この花は、顔を隠しているみたい??
IMG_9165m
立佞武多並みのポプラの木、まんず高い~~👀
昔々、この公園で、万博が開催されたこともあるそうで、
今週末まで花しょうぶの見頃は続きますので、お時間が
ある方は、ぜひご覧ください(^^)/

東奥日報さんの、花菖蒲の記事は👉こちら
へばな~!


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

お隣の産直メロスさんで、メロンや、スイカ、
DSC_0555.JPGメロンスイカ
野菜が、たくさん並んでいましたが、
DSC_0554.JPG産直朝どれ野菜
梅が棚一面に並んでいました。
ume
話は外れますが、
Q・ 「梅雨」の事をなぜ【うめ】【あめ】と書くのでしょう?
A・ 梅雨の季節(6月)に実がなるので、そこから
「梅雨」となったそうです。       ・・・諸説あり

6月になると、梅がたくさん売られていますが、
しそで巻いた、梅干をよく作ってもらいます。
手間はかかりますが、美味しいですよね。
楽しみなのが、梅酒です!
自分では作らないのですが、どちらも作ったものを頂くのは、うれしいです!
1年かけてゆっくり頂いています(ごちそうさまです‼)
梅雨の合間の岩木山
DSC_0553.JPG岩木山
空のグラデーションがとてもきれいですね。
HORIZON_0001_BURST20240702091355494_COVER
ポスト&斜陽館&空!
ポストカードにできるほどの出来栄えではないでしょうか!!

本日の演奏者は、
福晴会 福士晴夫さんです。
SilentCameraSoft-1719882170055.jpg晴夫さん
最初の曲は、5大民謡の中から、津軽あいや節でした。
今の季節だと、盆唄の津軽甚句や
三大流し踊りの黒石よされだったり、
十三の砂山や、りんご節など、5大民謡以外の曲もたくさん
演奏していただきました。
お話を交えながら、演奏していただけるので、
聴きやすいと思います。
最後は、津軽じょんから節でした。


昨日、一昨日の悪天候とは変わって、
本日は岩木山もきれいに見えるほどの晴天です。
晴夫さんが来る日は、だいたい晴れる日が多いんです。
晴男なのでしょうか。。。。

体調を崩しやすい時期ですが、体調管理に気を付けて
お過ごしください。
ご来館をお待ちしております。


                       


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

昨日はかなりまとまった雨が降りましたが、雨と言えば、アジサイの花。
三味線会館の前のお庭でもアジサイが咲きました。
アジサイの名所みたいにびっしりと咲いてるわけではありませんが、風情がありますね。

アジサイにはピンクや青、紫などいろいろな色がありますが、
土壌のpH(わたしは”ペーハー”と読んでました。今は”ピーエイチ”というらしいですね)
によって土壌のアルミニウムが影響して青になったり赤になったりだそうです。
白いアジサイもきれいですが、これから色が変わっていくんでしょう。
どんなふうに色が変わるか、ちょっと観察してみましょうか。

青い色はアントシアニンだそうですが、ポリフェノールだったらからだにいいのかな?
と思ったら有毒植物だそうですので、口に入れるのは厳禁です。
あじさい1
白にちょっと黄色みがかってるアジサイです。
あじさい2
アジサイは日本原産。原種はガクアジサイだそうです。
シーボルトがアジサイをヨーロッパに持ち帰り、「オタクサ」と名付けたのは有名な話です。
愛する日本女性、お滝さんの名をとったと言われてます。

娘の楠本イネは日本初の産科医として有名。
「オランダおいね」の異名でも呼ばれてましたが、優秀な女医だったようです。
歴史小説にも登場してますので、調べてみるとおもしろいですね。
幕末から明治にかけての激動の時代にも、強くたくましく生きた女性が数多くいました。
(女性は今も強いですが…(^^;

今日の演奏者は遠藤昌宏さん。
遠藤さん

今日は三味線会館の屋外にも遠藤さんのCDを流してます。
「唄付け」という、遠藤さんの伴奏で多彩な歌手がそれぞれの得意な民謡を唄ってるCDです。
バラエティーに富んで楽しいですよ。
唄付けの得意な遠藤さん、民謡大会にも佐藤晶さんと共に引っ張りだこのようです。


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

↑このページのトップヘ