ここ津軽三味線会館 エントランスホールには
津軽三味線全日本金木大会 歴代優勝者写真パネルがあります 
31回大会仁太坊賞(A級トーナメント優勝者)のパネルが増えました
それぞれのこだわりのポーズが見ものです
トーナメント方式を取り入れたのは第20回大会からです
連覇が難しくなっています
なにせ あいや、よされ、三下がり、小原、じょんから 
全て弾きこなせることが条件となるからです
若手の奏者が増えています
だからこそ 津軽三味線の歴史や仁太坊のこと深く知り
本当の津軽三味線を弾いてほしいと願っています
ここ津軽三味線会館の展示をみてほしいと いつも思っていますP1440138


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check