2024年06月

こんにちは(^^♪
6月なのに、すっかり真夏みたいな気温で、
すでに暑さにやられてグッタリ気味です💦

本日の演奏者は、津軽三味線・裕香理会
長谷川裕香理さんです♬
DSC01524m
津軽の五大民謡から、津軽じょんから節新節や中節、旧節などの
時代によって異なる音色を表現して、なおかつ初めて聴く方にも
分かりやすく説明してくれます!
IMG_8959m
夏は青のお衣装!ステキです(*^-^*)

裕香理さんは、いつも静岡から演奏に駆けつけて
くれてます!とにかく、津軽が大好きな裕香理さんの
オリジナル即興曲は、季節ごとにアレンジが変わり、
今は夏バージョンですよ♬じゃわめぐ津軽三味線の音色
と、津軽の夏をぜひご体感ください(^^)/

秋に行われる、吉田兄弟さんの、
弘前市でのライブのお知らせです!
吉田兄弟チラシm

【弘前市民会館 開館60周年記念事業
  吉田兄弟 デビュー25周年 
  47+1都道府県~極生 青森公演】

日時:令和6年10月4日(金) 18:30開演 
場所:弘前市民会館 大ホール
チケットは、6月 8日(土) 9時~、弘前市民限定で先行販売、
一般発売は、6月22日(土) 9時~、弘前市民会館、その他で発売
お問合せは、弘前市民会館までどうぞ(^^)/
こちら👉 ℡0172‐32‐3374

吉田兄弟さんの公式HPは、👉こちら

吉田兄弟さんの青森公演は、久々です♬
当館の大会では、過去に弟健一さんが仁太坊賞を獲得してます!
IMG_E8956m
第10回、11回大会の二連覇です、すごいです(*‘∀‘)
写真は館内に飾ってますので、ご自由にご覧いただけます
ぜひ、生でお二人の演奏をお楽しみください(^_-)-☆

へばな~!

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

三味線会館では、新商品が続々発売されています。
DSC_0544新商品ぞくぞく
三味線を弾いている、動物たちのマグネットや、
SilentCameraSoft-1719189396586新商品
仁太坊の絵はがき、金木町の風景はがきと、いろいろ
取り揃えています。
ハガキは、太宰の風景印を押印することも可能です。
自分用、友人用、親戚用など、旅の記念を残してみてはいかがでしょうか?
缶バッジは以前からありましたが、マグネットは最近入荷した商品になります。
動物が好きで三味線も好きな方、いかがでしょうか?

CDも新商品入荷しました。
SilentCameraSoft-1719192425977トートバッグ付き
PLANET INFINITY  :  TEN-CHI-JIN
CD&DVD2枚組  6,600円(税込価格)
お買い上げのお客様には、オリジナルバッグをプレゼントしています。
数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

本日の演奏者は、
津軽三味線 遠藤's  遠藤 昌宏さんです。
CENTER_0002_BURST20240624100406068遠藤さん
最初の曲は津軽よされ節です。
続いて、津軽あいや節ですが、この曲は牛深ハイヤ節が元唄で、
北前船で、荷物と共に、北上してきたのではないかと言われています。
続いて、叩く奏法と、なでる奏法の違いがわかるように、
叩く奏法では、津軽甚句、なでる奏法では、りんご節と、
違いを、分かりやすく聴くことができました。
最後は、津軽じょんから節です。
じょんから節には、5種類あって、古い旧節と、
新しい新節をまぜて、演奏してくれました。
TRIPART_0001_BURST20240624102936746_COVER本日の演奏者
本日の演奏者の、遠藤昌宏さんのCDも販売中です。
「唄付け」  2,200円(税込価格)となっております。

小雨の中、たくさんのお客様にご来館いただきまして、
ありがとうございました。
またのご来館をお待ちしております。




(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

こんにちは(^^♪
今、津軽鉄道・金木駅ホームには、色鮮やかに
アジサイが咲きはじめました(^_-)-☆
IMG_8892m
鮮やかな青のアジサイが、真っ先に咲きました!
まだ先始めなので、これからぎっしり、ピンクや白
など、カラフルに咲きます(*^-^*)
IMG_8896m
ハマナスも咲いてました、濃いピンクがキレイ(*‘∀‘)
IMG_8895m
ハチさん、忙しそうにお仕事中でした(^o^)
IMG_8902m
走れメロス号も、新緑に映える、鮮やかなオレンジです🚃
IMG_8891m
金木駅・交流プラザでは、金木町の観光案内掲示版
などもありますので、汽車を待つ間、ご覧下さい!

本日の演奏者は、津軽三味線・まんじ流、
家元・工藤まんじさん、まんじ由佳子さんです♬
DSC01510m
まんじ会さんのお二人は、弘前市から演奏に駆けつけて
いただいております♬
弘前市や、津軽一円で夏の盆踊りで踊る曲が
「津軽甚句(どだればぢ)」です(^^)/
コレから暑くなると、地域のイベントなどでも、
盆踊りを踊る機会がある方は、ぜひ踊りっこを覚えて、
今年の夏を楽しみましょう~!(^^)!
他にも、りんご節や十三の砂山、黒石よされなどを、
演奏していただきました♬
DSC01518m
もちろん、津軽の五大民謡からも、演奏して
いただき、まんじ会さんのじょんから節オリジナル
合奏曲の「津軽のかおり」では、たくさんの拍手を
いただきました👏👏👏

生演奏を始めて聴く方にも、奏者が分かりやすく
説明してくれますので、ぜひ、当館の生演奏をごゆっくり
お楽しみ下さいね🌼

へばな~!

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

今日はちょっと涼しくなりましたが、このくらいが平年並みでしょうか。このくらいの気温ですと過ごしやすいんですけどねえ。
三味線会館の事務室の窓から、道を挟んで雲祥寺の木々が見えますが、桜や松も過ごしやすそうにみえます。雲祥寺の樹木、数は少ないですが樹齢を重ねた立派なものばかり。

まず、入り口のそばに大きな松があります。
松1

そして本堂の前にも半分横倒しになってるような松が。樹齢500年だとか。
支えの木を外したら倒れてしまいそうです。
樹木というのは上に伸びてる枝と同じくらい根を張ってるそうですので、
この松の根も横にグーンと伸びてるのでしょうか。
松2
松3

その向かいには大きなイチョウ。直径70cmくらいありそうです。
イチョウは成長が早いそうですが、樹齢は何年ほどになるのでしょうか。
イチョウ

桜の老木も2本あります。老木とはいえ、春にはちゃんと桜の花を咲かせます。
本堂の西側の老桜はかなりのお年寄りのような……
桜1
桜2
観音様も桜の下は涼しそうに見えます。
この桜、春には見事な花で私たちを楽しませてくれます。

今日の演奏者はまんじ流家元、工藤まんじさんとまんじ由佳子さん。
まんじ会
舞台の上は照明が当たり、暑くなるので、夏は大変です。
袴というのも、結構暑いものらしいですね。
暑さに負けず、元気な演奏、ありがとうございます。

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

6月も後半になってくると、気温の上がり、体調管理が難しくなってきますが、
そんな時こそ、いろいろなところに出かけてみてはいかがでしょうか?
「鬼コ」を知っていますか?
私の知る限り、青森にしかいないとのことですが、では、鬼コとは、なんでしょう?

古くから津軽地方で、天災や疫病を払う存在として、
さまざまな神社の鳥居にあげられています。
いくつかこちらのブログで見る事が、できますよ。

今日の鬼コは、喜良市の立野神社の鬼コです。
DSC_0517.JPG立野神社
けっこう迫力のある鬼コです!
DSC_0522.JPG鬼コ
上からにらんでいるように見えますよね!
DSC_0520入れ墨
背中には、絵が描かれていますので、発見したら、後ろまで、
しっかりみておいて損はないと思います。
(ご利益がありますように・・・)

三味線会館で販売中の絵はがきの紹介をしたいと思います。
DSC_0534ハガキ
       ⇑               ⇑
津軽三味線発祥の地 金木町550円
                 津軽 金木町  440円 です。
                 (訳アリ商品の為、在庫限り)
当館では、お客様からお預かりしたはがきを、
郵便局でオリジナルスタンプを押印して、配達してもらうサービスを行っております。
旅の記念に、ご友人やご自身に投函されてはいかがでしょうか?
DSC_0533太宰
日付印の日にちの指定はできません。
住所・宛名を縦書きにしないと、せっかくのオリジナルスタンプが
見えなくなってしまうのは、もったいないですよね。
旅の記念にいかがでしょうか?

本日の演奏者は、
福士三絃会
家元 福士豊勝さん  福士豊加さんです。
福士三絃会620
5大民謡以外のメドレーより、
十三の砂山・りんご節・嘉瀬の奴踊り・津軽甚句・じょんから節の一弾と
豪華なメドレーのあとは、豊加さんの独奏・津軽あいや節でした。
豊勝さんの独奏・津軽よされ節と続き、
最後の曲は、やはり、津軽じょんから節です。
力強い演奏に、何人ものお客様から、
「よかったです!!」と、声をかけていただきました。
たくさんのお客様にご来館いただきまして、ありがとうございました。
またのご来館をお待ちしております。




(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

↑このページのトップヘ