明日は金木地方独特の民俗芸能、「荒馬」が開催されるということで、
すぐ近くの「松しま」さんに「荒馬ッコ」という」お菓子を買いに。
でも、暑い時期は作ってないということで、残念でした。
「荒馬ッコ」を食べながら「荒馬」を見たかったのに…。

しかたないですね。和菓子は防腐剤とか使ってないので、賞味期限が短いのです。
代わりのお菓子、少し買って来ました。老舗のお菓子屋さんらしく、
材料に変なものは使ってないので安心して食べられます。
最近、パッケージの裏面をよく見るようになって「体に悪いものは入ってないかな」
と気にするようになってきました。え、もう手遅れだって?残念ながらそうかもしれませんね。
でも今の子ども達、おやつと言えばコンビニのお菓子、大丈夫でしょうか。
私の時代はカボチャや芋でした。バターをつけたふかしたジャガイモ、
それにトウモロコシ(こっちではキミと言います)美味しかったな。
こんなこと書いたら、若い人にばかにされそうですが…。

松しまさんのマドレーヌやマフィンだってマーガリンではなく、ちゃんとバターを使ってました。
最近、お菓子はコンビニなどで買うことが多くなったので、
あまり賞味期限を気にしなくてもよくなりましたが、
和菓子は本来、賞味期限の短いもの。便利さと引き換えに、
大事なものを失くしたような気がします。

奴最中、大きいですね。一つ食べたらおなか一杯になりそう。
測ってみたら直径12cm、重さ140g近くありました。一人じゃたべきれないですねぇ。
でも中の餡は4種類。4つに割ったら4つの味が楽しめます。面白いアイディアですね。
松しまさんと言えば「甘露梅(真ん中の黒っぽい四角のお菓子)」。
昔からの味ですから、懐かしさから時々食べたくなりますね。
和菓子
お茶席で使うお菓子もありますよ。紫陽花や鉄線など、素敵な名前がついてますね。
季節のお花などにちなんだ和菓子です。賞味期限は2、3日。
抹茶でなくても、お茶の時間にこんなお菓子が出てきたら素敵ですね。
お茶菓子

今日の演奏者は小川会の葛西恵子さん。
恵子さん
「あどはだり」から始まって「じょんから節」のアレンジ曲等、たっぷり聞かせてくれました。
ホールの中はそれ程暑くはないんですが、ステージの上は照明の熱で結構暑くなります。
暑い中、一生懸命演奏してくださってありがとうございます。



(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check