毎月第三日曜日は津軽鉄道飯詰駅で美味しいものを食べさせてくれます。
なかなか行けいけませんでしたが、昨日久しぶりに行ってみました。
「飯詰を元気にする会」の皆さんが駅に集まって皆さんをおもてなし。
八甲田ホテルの木村シェフが毎月いらして、工夫を凝らした料理を提供してくださいます。
昨日はフルーツドッグ(フルーツサンドではありません)を販売するとの事でしたが、
人気商品なんですねえ、あっという間に売り切れてしまい、肉丼を頂きました。
でも美味しかったですよ。焼き具合も絶妙、スクランブルエッグもフワフワ。
どうやったらあんな風に焼けるんでしょうね。

コーヒーを入れてくれたマスター(?)は月一で東京からいらして、
周りを掃除されて、コーヒー豆も自腹で皆さんに提供。
どうしてそこまでやってくれるのかな、とも思いますが、
「飯詰を元気にする会」の雰囲気がそうさせてるんでしょうか。
みなさん、前日から支度で大忙し。それでも毎月開催してくださいます。
また次回行きたいですね。
IMG_7202
フルーツパフェ。おいしそうです。
IMG_7200
私の食べた肉丼。
IMG_7201
ハーブなども売ってました。
博物館
「レイルウェイ・ライター種村直樹 汽車旅文庫」もあります。いわば鉄ちゃんの聖地?

飯詰駅も無人駅になってしまいましたが、地域の人たちの協力で維持・管理されています。
ホームのそばにはノハナショウブが咲いてました。ノハナショウブの周りの雑草は
青森職業能力開発短期大学校」の学生と教職員の方々が刈り取ってくださったそうです。
ノハナショウブ
ノハナショウブは五所川原市の花です。今が見頃ですね。
岩木山とメロス号
メロス号と岩木山。良い眺めじゃ~。
飯詰駅で写真
皆さん、結構写真を撮って行かれますね。遠方からのお客さんのようです。
交換画像
金木駅ではタブレット交換(正確にはタブレットとスタフの交換)が行われてました。
今ではあんまり見かけることもなくなったようです。
鉄道ファンにはなかなかいいショットなんでしょうね。

滅多に乗らない津軽鉄道ですが、ゆったりできました。列車の振動が心地よく感じられ、
貴重な時間だよなぁ…と思いながら家路につきました。高校時代は毎日のように乗った津軽鉄道ですが、今は乗ること自体が特別なイベントになってしまいました。
せめて月に一度くらいは乗りたいものです。

さて、今日の演奏者は福士晴夫さん。
晴夫さん
津軽あいや節からはじまって、津軽甚句、りんご節、黒石よされ、十三の砂山、
つがるじょんから節と色々聞かせてくれます。



(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check