今年は、9月1日に津軽三味線全日本金木大会が開催されますが、個人一般の部B級が早くも定員となりました。
A級、小学生以下、中・高生の枠には若干空きがございますので、お早目の申込みをお待ちしております。



本日の演奏者は、津軽三味線裕香理会 長谷川裕香理さんです♬
お客様と一体になってのステージです(^O^)/
津軽じょんから節の新節からスタート、あいや節、嘉瀬の奴踊りと続きます。
最後は、長谷川裕香理オリジナル曲「津軽の夏」を披露。津軽の夏の演奏では、弘前のねぷた「ヤーヤーヤード」・次は五所川原立佞武多の「ヤッテマレ ヤッテマレ」・続いて青森のねぶた「ラッセラーラッセラー」と掛け声が入ります。是非一度、生での演奏を聴きに来て下さい(^^♪
IMG_4731

津軽の五大民謡の一つである津軽じょんから節
じょんから節には、旧節・中節・新節・新旧節・黒石じょんから節と5種類あります。
津軽じょんから節について・・・南津軽郡浅瀬石(あせいし)城主、千徳政氏が、大浦為信(のちの津軽藩祖津軽為信)に滅ぼされましたが、その戦いで炎上した千徳家の菩提寺の常緑和尚が本尊を背負って河原へ身を投じました。常緑が亡くなった河原は「常緑河原」(地名 上川原)と呼ばれ、その弔い唄が「じょんから節」と云われています。(只今、少しづつ勉強中の輩です!)



(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check