今日はちょっと涼しくなりましたが、このくらいが平年並みでしょうか。このくらいの気温ですと過ごしやすいんですけどねえ。
三味線会館の事務室の窓から、道を挟んで雲祥寺の木々が見えますが、桜や松も過ごしやすそうにみえます。雲祥寺の樹木、数は少ないですが樹齢を重ねた立派なものばかり。

まず、入り口のそばに大きな松があります。
松1

そして本堂の前にも半分横倒しになってるような松が。樹齢500年だとか。
支えの木を外したら倒れてしまいそうです。
樹木というのは上に伸びてる枝と同じくらい根を張ってるそうですので、
この松の根も横にグーンと伸びてるのでしょうか。
松2
松3

その向かいには大きなイチョウ。直径70cmくらいありそうです。
イチョウは成長が早いそうですが、樹齢は何年ほどになるのでしょうか。
イチョウ

桜の老木も2本あります。老木とはいえ、春にはちゃんと桜の花を咲かせます。
本堂の西側の老桜はかなりのお年寄りのような……
桜1
桜2
観音様も桜の下は涼しそうに見えます。
この桜、春には見事な花で私たちを楽しませてくれます。

今日の演奏者はまんじ流家元、工藤まんじさんとまんじ由佳子さん。
まんじ会
舞台の上は照明が当たり、暑くなるので、夏は大変です。
袴というのも、結構暑いものらしいですね。
暑さに負けず、元気な演奏、ありがとうございます。

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
    http://www.kanagi-gc.net

Check